セザンヌのハイライトを使ってナチュラルなメリハリ顔を作ろう!

ナチュラルなツヤ感と立体感を出してくれるのに欠かせないのが、ハイライト。

ハイライトといってもパール入りのものやマットなもの、クリームタイプからパウダータイプのものまで色んな種類がありますよね。

さらに色もホワイトやベージュ、ゴールドなどがあり、使う色によって印象も変わってきます。

そんな色んなハイライトがある中で今回は、セザンヌのハイライトを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

一時期は人気すぎて入手困難だったセザンヌの「ハイライトスティック」♪

今回紹介したいのが、数あるハイライトの中でも大人気になっている、セザンヌの「ハイライトスティック」になります。
こちらは落ちにくいクリーム状のハイライトで、パールが配合されているホワイトのハイライトスティックです。

クリームタイプなのでスムーズに肌に塗れて、しかもピタッと密着してくれます。
肌の上ではサラサラになってくれるので、上からファンデーションを重ねてもよれにくいです。

肌の内側から発光しているような明るさ♪

また、超微細パール配合で、肌の内側から発光しているような明るさを演出してくれます。
ナチュラルなツヤ肌にしてくれるので、肌もワントーン上がったかのような明るさを演出してくれます。

無香料、アルコールフリーなのに美容保湿オイルはたっぷり配合されているので、肌にも優しいです。

セザンヌの「ハイライトスティック」の二種類の使い方

こちらの「ハイライトスティック」は2種類の使い方があります。

「ハイライトスティック」の使い方①

1つ目は、下地、コンシーラーをした後にこのハイライトを塗り、ファンデーション、フェイスパウダーと仕上げる方法です。

ただこのやり方だと、上からカバー力の高いマットなファンデーションを重ねてしまうと、せっかくのハイライトの効果がなくなってしまうので、薄く伸びが良いファンデーションを使うことをおすすめします。

「ハイライトスティック」の使い方②

2つ目のやり方は、ファンデーションをした後にハイライト、フェイスパウダーと仕上げる方法です。

こちらは先ほど紹介したやり方よりも、パール感が強く出て、メリハリのある立体感ある仕上がりにしてくれます。
ただこのやり方だとファンデーションがよれてしまいがちなんですが、直接ハイライトを肌にのせるのではなく、スポンジにハイライトをポンポンとつけ、そのままスタンプを押すようにスポンジで肌にのせるとよれにくくなります。

またさらにその上からフェイスパウダーをのせれば、立体感はちゃんと出るけど、少しパール感が抑えられて、ナチュラルなツヤ肌にしてくれるのでおすすめです。

口コミでも、2つ目のハイライトののせ方をしている方が多かったです。
クリームタイプなので塗りやすく、初心者でも簡単にツヤ肌が作れるとかなり好評でした。

ただ中には、乾燥肌の方が仕上がりがマットすぎて肌に合わなかったり、肌の色とハイライトの色が合わなかったという方もいらっしゃったので、乾燥肌の方や色黒さんなどは慎重に選んだほうがいいかもしれません。

まとめ

今回セザンヌの「ハイライトスティック」を紹介させていただきました。

この記事を読んで気になった方はぜひチェックしてみてください。

ハイライトを上手く使いこなして、上品なツヤ肌を作りましょう!

関連記事