新発売セザンヌのティントリップのおすすめカラーをご紹介♪

皆さん、「ティント」って知っていますか?

今愛用されている方も多いと思いますが、そもそもティントというのは、英語で「染める」という意味で、唇の表面だけでなく、唇の角質層にまで浸透し、唇自体を染めるものになっています。

本日は新発売したセザンヌのティントリップをご紹介します!




「ティント」ブームは韓国から?

元々韓国からブームになったもので「ティント」でグラデーションリップを作るのが流行ったのも、韓国好きの若い女の子たちがマネし始めたのがきっかけで、日本でもティントが流行るようになりました。

「ティント」といえば、色が落ちにくいことで有名ですが、その落ちにくさゆえに、普通のリップよりも唇に負担がかかってしまいます。
中には合わない方だと、唇が荒れてしまったり、皮がめくれてしまった、なんて方もいるそうです。
ティントは元々潤い感というのは全くなく、マットな仕上がりで乾燥しやすいというのもあり、唇が荒れやすくなってしまうのかもしれませんね。

そんな荒れてしまうティントがある中で、今回紹介したいのがセザンヌの「カラーティントリップ」というものになります。

ティント系ルージュという新しい進化したセザンヌの「カラーティントリップ」♪

今回紹介するセザンヌの「カラーティントリップ」というものは、ティント系ルージュというもので、「ティント」と「口紅」のいいとこどりをしたリップになっているのが特徴です。

ティントの高発色でしっかり色づいてくれる部分もあり、ルージュの潤い感も残したセミマットな仕上がりにしてくれます。
長時間、発色と潤いを持続してくれる効果もあります。

また、口角や唇の山にも塗りやすい先細のチップを採用していています。
無香料、アルコールフリー、紫外線吸収剤不使用なので、唇が荒れたりすることもありません。

しかも4種類の保湿成分が配合されていて、唇にするする塗りやすい処方にもなっています。
お値段は600円(税抜)とかなりプチプラ価格になっています。

「カラーティントリップ」のおすすめの色は?

「カラーティントリップ」の色は「ピンク系」と「レッド系」の2色展開になっていて、見た目以上にピンク系はピンクみがかなり強い発色になっています。

もしかしたら、人によっては合う、合わないが分かれるカラーかもしれませんが、塗ってからティッシュオフすることで、濃くなり過ぎず、使いやすいピンクカラーになります。

レッド系もかなり高発色で、こちらは肌になじむ深みのある落ち着いた大人っぽい印象にしてくれるカラーです。唇に少しのせて、薄く全体に伸ばしていくと、濃くなり過ぎず、くすんでいるけど透け感のある可愛いカラーになってくれて、個人的にもおすすめなカラーです。

口コミでも、レッド系の色味が可愛いと大人気でした。
全体的に発色が良くて、モチも良くて、コスパも良いくて、唇が荒れない、とかなり高評価なリップです!

ただ仕上がりがセミマットなので、少し乾燥が気になる、という方もいらっしゃいましたが、このリップの上からリップクリームを塗ると、モチと潤い感が持続じてくれるそうなので、乾燥に悩んでいるという方は、実践してみてください!

おわりに

今回はセザンヌの「カラーティントリップ」を紹介してみました。

ティントと口紅のいいとこどりをしたルージュになっているので、ティントの良さも口紅の良さもどっちも欲しい、という欲張りな方はぜひチェックしてみてください!

関連記事