「厚化粧に見える」を回避する3つの対策【ナチュラルメイクで脱・厚化粧!】

ついつい気合を入れすぎてしまって「厚化粧に見える」状態になってしまった経験ありませんか? 私も実はあります!

デートだからといって「可愛く見せたい!」と思うあまりに、ファンデーションは厚塗りに、
チークはつけすぎ、口紅も濃く塗りすぎて、お世辞にも「可愛い」とは程遠かったように思います。

どうして「厚化粧に見える」状態になってしまうのか??

本日は、ナチュラルメイクで「厚化粧に見える」状態を回避する3つの対策をご紹介いたします!

厚化粧に見える原因は塗りすぎ!?

「厚化粧に見える」を回避する3つの対策【ナチュラルメイクで脱・厚化粧!】

そもそも何が原因で「厚化粧」になってしまうのでしょうか? 
根本原因は肌のコンディションにあるといえます。

肌はその日のコンディションが一番出てしまうパーツです。

くすみがちだったり、肌荒れがあったり、シミがあったりすると、「隠したい!」という思いからどんどん塗りすぎてしまい、それが「厚化粧に見える」原因となってしまいます。

対策①「ベースメイクは薄く!」 塗りすぎ、重ねすぎは失敗のもと

「自分の肌を白く見せたい」という理由から、自分の肌の色よりも明るいファンデーションを使ってしまい、さらには塗りすぎてしまい、顔と首の境目がくっきり分かれてしまったということもあるかと思います。

ですが実は、ベースメイクは薄く仕上げたほうがキレイに仕上がるんです! 

気になるところだけコンシーラーでカバーして、スポンジでファンデーションを叩き込ように塗れば、ムラもなくなり、キレイなナチュラルメイクに仕上がります。

また、肌を白く見せたいという方は、ファンデーションを明るくするのではなく、下地を自分の肌よりもワントーン明るくしてみてください。

パール感のある下地を塗ることで、肌を艶やかに見せることができ、より効果的です♪

対策②「チークとリップは血色感を残す!」 リップが派手だと厚化粧に見えがち

「厚化粧に見える」を回避する3つの対策【ナチュラルメイクで脱・厚化粧!】

チークとリップは血色感を残すことを意識しましょう! チークはほんのり色づく程度にし、リップは肌なじみのいいコーラル系のリップをチョイスしましょう。

特にリップは、ビビットな色や真っ赤な色だと「厚化粧に見える」状態になりがちです。

ポンポンと唇の中央にのせて、色を伸ばしてあげると自然とグラデーションリップになり、印象も柔らかく見せることができますよ♪

対策③「無加工 自撮り」で最終チェック!

「厚化粧に見える」を回避する3つの対策【ナチュラルメイクで脱・厚化粧!】

自分がしているメイクが「厚化粧に見える」のかを簡単に調べることができる方法があります。

その方法とは、メイクが終わったあとに、無加工で自撮りをしてみることです。

自撮り画像で客観的にメイク後の自分の顔を見ると「リップが濃いかも」「目元が濃いかも」といった具合に、出かける前に自分一人で厚化粧チェックができます。

また、左右対称にメイクができているかも判断し易いので、一石二鳥です!

ほかには、小さな手鏡を使うのではなくて、顔全体が見れる大きな鏡を使うこともトータルバランスを見ることができるので効果的です♪

おわりに

ナチュラルメイクで「厚化粧に見える」状態を回避する3つの対策 はいかがでしたでしょうか?

ほんの少しの工夫で「厚化粧に見えなくなる」ので、ナチュラルメイクで皆に好かれるメイクをしていきましょうね♪

関連記事