モテる人は密かにやってるアイシャドウブラシの使い方をレクチャー♪

皆さん、メイクするとき何を使ってメイクしていますか?

チップや手でメイクしてらっしゃる方も多いと思います。

今回はそんな方にアイシャドウブラシでメイクするメリットをお教えしたいと思います。

アイシャドウブラシは大きさや形、硬さなど使う用途によって使い分けたほうがキレイにアイシャドウをのせることができるので、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

①大きい柔らかめアイシャドウブラシの使い方

大きめのアイシャドウブラシのことをラージブラシと言いますが、このラージブラシはアイホール全体にふんわりと色をのせたいときに便利です。

ベースカラーの明るいカラーをまぶた全体にのせることによって、キレイにムラなく色をのせることができます。

またグラデーションを作った後に、アイシャドウを塗ったところと塗ってないところの境目をぼかすのにも適しています。ただ硬めのブラシだと上手くぼかせないので、必ず柔らかめのブラシを選びましょう!

②中間サイズのアイシャドウブラシの使い方

中間サイズのブラシのことをミドルブラシと言います。
こちらのブラシは、アイシャドウの中間色を上まぶたのくぼみのところまでのせるのにとても便利です。

ブラシは柔らかめのものを選ぶとグラデーションが作りやすく、硬めのブラシを使うとピンポイントに色をのせることができます。

③小さめサイズのアイシャドウブラシの使い方

細かな部分にアイシャドウをのせるときは、小さめブラシのスモールブラシが向いています。

ブラシは柔らかめのものより、硬めのブラシを選ぶとより便利です。特に下まぶたや上下まぶたのキワにのせるときに活躍してくれます。

④平筆タイプやななめカットのアイシャドウブラシの使い方

こちらのブラシ2つは、マットなアイシャドウをのせるときに便利です。

平筆タイプのブラシはブラシが硬くてまっすぐな形をしているので、アイシャドウでアイラインを描きたいときにも最適です。

また、ななめカットのタイプのブラシは目尻の三角ゾーンを埋めるのにとっても便利です。
平筆タイプ同様、アイシャドウでアイラインも描けちゃいます。

他にもブラシのタイプとしては、筆の先が少しとがったいて細かな微調整に便利な「テーパードブレンディングブラシ」や、アイラインのぼかしにおすすめな「ペンシルブラシ」など、色んなタイプのアイシャドウブラシがあります。

おわりに

今回アイシャドウブラシの使い方、選び方をレクチャーさせていただきました。少しでもこの記事が参考になれば嬉しいです。

関連記事

ライバルに差をつけるアイシャドウ3選!人気プチプラおすすめ♪

20代30代にオススメの男性ウケの良いアイシャドウをご紹介♪

本当は教えたくないピンクアイシャドウ6選!今流行りの柔らかい印象☆

一重・二重、悩みがなくなるアイシャドウの塗り方レッスン!

後悔しないためのアイシャドウベースカラーランキング!涙袋♪

今おすすめの失敗しないアイシャドウパレット3つ!上品な目元☆