アイライナーの引き方レッスン♪一重さん二重さん奥さん必見!

「アイラインを描くのが苦手…」そう感じていらっしゃる方も多いですよね。

でもアイライナーは引き方や種類によって印象がガラッと変わるのです!

今回はアイラインを描くのが苦手な方々に一重さん、二重さん、奥二重さんに分けてアイライナーの引き方をレクチャーしたいと思います。

スポンサーリンク

一重さん必見!アイライナーの引き方!

一重さんはアイラインを引いても隠れがちですよね。

そんなときは、まずインラインを描いてください。

その上をリキッドアイライナーを使って、やや太めに少しづつ、少しづつ丁寧にラインを描き足していくイメージで描いてみましょう。

描き終えたら鏡で確認し、正面から見た時に少しラインが見えるくらいまでまた描き足して
いきましょう。

目尻はすっと伸ばすような形で5ミリ程度延長ラインを描くと目の横幅を出すことができます。

描き終えたら、濃い目のブラウンのシャドーでさっき描いたラインの少し上から、シャドーを重ね、上に上にぼかしていくと、ラインもナチュラルに見えて縦幅も出すことができちゃいます。

また一重さんはまぶたが重いため、アイラインが滲みやすいので、アイラインを描いたらしっかり乾かしてくださいね!

二重さん必見!アイライナーの引き方!

二重さんはもともと目が大きいので、目をもっと大きく見せたいと欲張ってアイラインを太く描いてしまうと、メイクが濃い印象になってしまいます。

なので、ナチュラルに目を大きく見せるためには、目のきわに沿って細くアイライナーでラインを描くということが重要になってきます。

もっとナチュラルがいい!という方はインラインだけ描くというのがオススメです!

逆にもう少し目を大きく見せたいという方は、黒目の上だけを少し太めに描くのと効果的です。

そうすることによって黒目がちで可愛い印象を与えることができちゃいます!

奥二重さん必見!アイライナーの引き方!

また奥二重さんは、全体的にアイラインを描くとせっかくの二重の線が隠れてしまいます。

なので、アイライナーでラインを描く時は、インラインを描いたあと目尻側だけ少し太めに描き足してみてください。

そうすることによって、二重のラインをつぶさず、ナチュラルに目を大きくすることができます。

アイライナーの引き方!まとめ

今回、一重さん、二重さん別に、アイライナーの描き方をレクチャーさせていただきました。

参考になったことはありましたでしょうか?

一重さん、二重さんの特徴をそれぞれ活かしつつ、アイライナーを使うことによって、印象も違うのではないかなと思います。

この記事を読んでためになった!と思ってくれる方がいれば嬉しいです。

関連記事

ブラウンアイライナーのおすすめ人気ランキングベスト3をご紹介!

リキッドアイライナーのおすすめ人気ランキングベスト3!

ペンシルアイライナーの人気TOP3!口コミで評判が急上昇?

アイライナーの選び方と滲まない人気アイライナー3選をご紹介♪

これが100円?ダイソーのアイライナーコートの口コミが凄い件!

ジェルアイライナーのオススメの使い方レッスン!キモは綿棒♪

安いけど優秀なプチプラアイライナー究極の人気アイテム3選!

落ちないアイライナーの書き方♪落ちにくくなる3つのテクニック!