正しいジェルネイルのオフの方法・手順・用意するものをご紹介

初めてジェルネイルした方は、マニキュアとは違うしオフはどうしたらいいのだろうか…

ジェルネイルは何度もしていていつも付け替えだけど、何かしらの事情でジェルネイルのオフだけをしなきゃいけない!

でもネイルサロンにいく時間もないし…なんて方も多いはずです。

ジェルネイルのオフは一つ間違えると爪が薄くなってしまう原因にもなってしまいます!

そんな悲しい思いをする前に! 正しいジェルネイルオフの方法をお伝えしたいと思います♪

正しいジェルネイルオフの方法

正しいジェルネイルのオフの方法・手順・用意するものをご紹介

ジェルネイルオフで用意するもの

①ジェルネイル用リムーバー(アセトン)

  • ジェルネイル用リムーバーはバラエティショップ、ドラッグストアなどでも最近では販売されてます。
  •  ネイルリムーバーとは違うので間違えないように、ジェル用を用意しましょう

②ネイルファイル

  •  150Gか180Gぐらいがオススメです
  •  エメリーボードやガラス製ファイル
  •  仕上げ用にスポンジファイルもあるとより良いと思います

③アルミホイル

  • 一般的な食品用にアルミホイルで大丈夫です

④コットン

  •  毛羽立ちやすいふわふわなコットンがオススメです

(⑤ウッドスティック)

  • ウッドスティックに関しては、ない場合はなくても大丈夫です

それでは!ジェルネイルオフの手順へ行きましょう!

ジェルネイルオフの手順

事前準備

  • コットンを爪のサイズにオフしたい本数分カットします
  • ガラスの小さめ器にカットしたコットンとジェルリムーバーを浸しておきます。
  • アルミホイルは10㎝四方にカットをし、一箇所リムーバーが漏れないよう1㎝程内側に中折りしましょう

①150Gか180Gのファイルでジェルの表面を削っていきます。

  • この時、自爪を傷付けないようにジェルネイルのツヤが消える程度、トップコートジェルが厚めに塗られている場合はカラーが薄くなるぐらいまで削ります。
  • 先端も少し削るとリムーバーの浸透が良くなります。

②ジェルリムーバーに浸しておいたコットンを表面削った爪の上に乗せます。

③アルミを巻きます。

  • コットンがずれたり、リムーバーが揮発しないように、しっかりと爪先にぴったりとアルミを巻きます。

④10分ほど時間をおきアルミを外すと、ジェルネイルが浮いてくるので自爪を傷付けないように、ウッドスティックで自爪と浮いてるジェルネイルの間をそっと爪先へ向けてはがしていきます。

  • ウッドスティックがない場合は、ファイルで浮いてるジェルネイルを 自爪を傷つけないよう削ります。

⑤浮いたジェルネイルを取り除き終わったら、ガサガサしている自爪の表面をスポンジファイルで整えて、ネイルオイルを塗りケアして終了となります。

ジェルネイルオフの取り方、外し方動画♪

ジェルネイルオフに挑戦動画♪

おわりに

一回で取れず、無理に浮いてる所をひっぱりはがしてしまうと、ジェルネイルが定着している自爪の表面も一緒にはがれて薄くなる原因ともなりますので、一回で取れない場合はファイルでまたジェルネイルの表面削ってリムーバーの含まれたコットンを乗せアルミを巻いてまたしばらく時間おいてみてください。

関連記事