ネイル長さ出しの方法3選!スカルプ/ジェル/つけ爪のメリットデメリット

伸ばしている爪が1本だけ折れてしまったとき。パーティーなど特別なシーン。爪が弱くて伸ばせない。

そんなケースで「ネイルの長さ出し」をしたい時には、どんな方法があるのか?

【ネイルの長さ出し】3つのメリット・デメリットをご紹介します!

ネイル長さ出しの方法①「スカルプチュア」

ネイル長さ出しの方法3選!スカルプジェルつけ爪のメリットデメリット

  • スカルプチュアとは、ハードジェルやアクリルを使用した専用の商材を爪にのせ、人工の爪を形成する技術です。

【スカルプチュアのメリット

すぐに、剥がれることがなく、水にも強いので長期的に楽しむことができます。
またカラーも豊富なので様々なデザインを楽しむことができます。強度も高く、割れにくいです。

【スカルプチュアのデメリット

ネイルサロンに行かなければならず、施術費用も比較的高額で時間がかかります。

今は自宅でできるキットも売っていますが、ある程度の訓練は必要になります。
また自爪に負担もかかりやすいです。

【スカルプチュアの総合評価

  • 費用★★★
  • 手ごろさ★
  • 強度★★★
  • デザイン★★
  • 爪への負担★★★

【スカルプチュア長さ出し動画】

ネイル長さ出しの方法②「ジェル」

ネイル長さ出しの方法3選!スカルプジェルつけ爪のメリットデメリット

  • ジェルとは、専用商材を爪にのせ、UVライトで固化し、人工の爪を形成する技術です。

【ジェルのメリット

スカルプチュアと比較すると、薄づきでよりナチュラルに見えます。

光沢もあり、またアートに適しているという点でデザイン重視の人たちから支持されています。

アセトン入りの除光液を使用すれば、自宅で除去することも可能です。

【ジェルのデメリット

基本的にはサロンでの施術になります。

衝撃や負担がかかると、取れてしまったり割れてしまう可能性も高いです。

【ジェルの総合評価】

  • 費用★★
  • 手ごろさ★★
  • 強度★★★
  • デザイン★★★
  • 爪への負担★★

ジェル長さ出し動画】

ネイル長さ出しの方法③「つけ爪」

ネイル長さ出しの方法3選!スカルプジェルつけ爪のメリットデメリット

  • つけ爪による長さ出しはネイルチップに専用の糊をつけて、自爪に張り付ける方法です。

【つけ爪のメリット

好きなデザインをネイルサロンに行くことなく、自宅で気軽に楽しめます。

すぐに剥がれるので、1日だけ楽しみたいときなど便利です。

お値段も比較的手ごろに購入でき、繰り返し使用可能です。

【つけ爪のデメリット

すぐに剥がれてしまうので、気づいたら1本だけ無くなっていたなんてことも。

またサイズが合っていないと、小さかったり大きかったり、浮いてしまうこともあります。

【つけ爪の総合評価

  • 費用★
  • 手ごろさ★★★
  • 強度★
  • デザイン★★★
  • 爪への負担★

【チップで長さ出し動画】

おわりに

自分のライフスタイルや予算に合った長さ出しは見つかりましたか?

ネイルサロンに問い合わせれば、爪の状態を見ながら様々な方法や商材を提案してくれるので、一度足を運んでみるのも良いですね!

関連記事