ハード⇔ソフト ジェルの違いについて現役ネイリストが徹底紹介

ジェル文化である今、サロンにいってもセルフでもジェルを多く使いますが、よく聞くハードジェルとソフトジェル。

そもそも何がどう違うのか分からない方も多いかと思います!

そこで両者の違いを分かりやすくお伝えしたいと思います♪

スポンサーリンク

ジェルネイルのジェルの種類

ジェルネイルには2つの種類があります。

現在ネイルサロンで主に使用されているのが”ソフトジェル”になります。

ソフトジェルとは

ソフトジェルとは、アセトン(溶剤)やジェルリムーバーで溶かして除去出来るのがソフトジェルになります。

ハードジェルに比べて柔軟性が高いので”ソフトジェル”と言われます。
オフが簡単に出来て仕上がりも薄く長持ちである事が特徴とされてます。

ハードジェルとは

ハードジェルとはジェルネイルの誕生の初めはハードジェルでした。

ソフトジェルに比べて、アセトンやジェルリムーバーで溶かしてオフする事が出来ず、ファイルやマシーンにて全て削ってオフする事になります。

ソフトジェルに比べて柔軟性はなく硬く強度があり、ハイポイントに厚みを出したり長さを出す事も出来ます。

ソフトジェルに比べるとツヤと輝きは抜群なのです!

この2種類とはまた違うのですが、セミハードジェルというジェルもあります!

セミハードジェルとは

セミハードジェルとは名前の通り、ソフトとハードの中間でここ数年で出てきました。

溶剤ではオフしにくいけれど、オフ出来なくもない、ソフトジェルより若干強度が出ます。

このセミハードジェルは最近だとサロンでトップコートジェルとしてよく使われます。程よい強度感とツヤ感で仕上がりも綺麗です♪

サロンワークでの使い方

ベースジェル

自爪に直接塗るジェルであり、自爪への負担を考えてソフトジェルを使用する事をオススメします。

カラージェル

カラージェルも種類豊富ではないといけないので安価であるソフトジェルを使用する事がいいと思います。サロンでは基本的にカラージェルはソフトジェルです。

トップコートジェル

持ちが良く、ストーンなどのパーツもしっかりカバー出来、オフもしやすい
セミハードジェルがおススメです!

ポリッシュ型ジェルとジャー型ジェル

現在、ジェルネイルでもポリッシュ型になってるタイプと、容器からブラシですくうジャータイプがあります。

ジェルメーカーのほとんどがジャータイプが多く、粘度が少し高めになってます。

ポリッシュタイプは質感としてはサラッとしていて、フットはセルフで使うにはとても塗りやすく抜群です♪

サロンで人気のジェルメーカー

ソフトジェルで人気のジェルメーカー

パラジェル、プリジェル、カルジェル、バイオジェルがメジャーなところでサロンでも多く使われてます。

パラジェルは爪を傷めないと掲げられていてパラジェルを希望する方も今や急上昇しているメーカーさんです。

カルジェルとバイオジェルはジェルネイルが誕生した時からある定番メーカーです。カルジェルは最も柔軟性があり、酸も少なくアレルギーも起こしにくい、オフもスムーズに出来て爪への負担が少ないジェルネイルなのです。

ハードジェルで人気のジェルメーカー

クリストリオ、ジェラッカーなどが多く使われてます。

ツヤがしっかりと出るので美しい仕上がりになります。

セミハードで人気のジェルメーカー

プリジェル、ダイヤモンドビルダートップが厚み出すのに適してます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ジェルネイルはメーカーによって、成分性質や照射時間など異なります。

全てのお客様に合う万能なジェルというのは無いのです。

お客様の爪の状態によって各メーカーを使い分けてあげると良いと思います♪

関連記事