エデュケーターとは?仕事内容やメリット・デメリットをご紹介♪

ネイル業界でここ数年で浸透してきてるエデュケーターという資格制度があります。

イベントなどでブースデモを行ったり自分の作品をsnsを通じて発信したりと、ネイルの先端をいく一見華やかそうなお仕事ではありますが、細かい仕事内容やリスクなど詳しいお話をしたいと思います!

エデュケーターとは?

ネイル業界では、各メーカーの商品商材について専門知識をもって、ジェルやアクリル、ケアシステムなどメーカーが推奨する技術や技法を教える権利を有する人の事になります。

エデュケーターの仕事内容

ネイルイベント、ネイルエキスポなどでメーカーブースにてデモを行ったり、主にはメーカーの普及活動がメインとなります!

ネイリストや一般のお客様に自分が属してるメーカーの商品や技法をデモストレーションをし、商品の使用方法と魅力を知ってもらい、自社商品の販路拡大が目的となります。

活動では所定の材料使うのはもちろんであって、服装、手技、筆の持ち方までメーカーでの細かい決まりがあります。

本来は自社スタッフがこのような活動を行うのが一般的だが、人数や活動する場によって限りが出てしまうので、このようなエデュケーターという資格を作り活動をしてもらうのです!

エデュケーターのシステム

このエデュケーターとはアメリカでは当たり前のシステムなのです!

ネイル界での老舗、OPIやEZ-flowでは10年以上前から導入されているようです。

ジェルネイルブームにより、ここ10年以内でも日本のメーカーでも当たり前のシステムともなりました。

エデュケーターになるためには、各メーカーが行っているエデュケーターシステムを
受ける必要があります。

エデュケーターの昇格テスト

レベルアップの度に昇格テストがあり、一定のグレードにアップすることによって
エデュケーターの資格が各メーカーより与えられます。

難易度はメーカーによって異なるようですが、筆記から実技、面接、擬似デモストレーションを行うメーカーもあるようです。

人気のあるメーカーで需要がある所ほど難易度も上がるようです。
メーカーによって活動内容は異なりますが、他メーカーとの掛け持ちは出来ません。

エデュケーターのメリット・デメリット

エデュケーターを受けるにあたってのメリット・デメリットをご紹介します。

エデュケーターのメリット

①商品が安く購入出来たり、特典もある

自分が属してるメーカーでの商品がいつでも安く購入出来るのです。

だいたいは20%オフ、ランクによって割引率も異なってくるようです♪

②ネイル講師として活動

ジェルやアクリルのエデュケーターであれば、それを活かしてスクールで
講師活動が出来るのです。

商材屋などでセミナーなども行うこともあります。

その他にも、イベントでデモストレーションを行ったり、Snsにて発信したりとネイリストしても活躍の幅が広がるのです♪

エデュケーターのデメリット

①費用がかかる

エデュケーターシステムを受講するまでにかなりの費用がかかります。

希望とするメーカーの商品を一式揃えたりと指定があるようです。

②倒産のリスク

急に起こることであり、なにが起こるかは分かりません。

メーカーが倒産してしまうとたくさんの所属しているエデュケーターの方達が活躍の場をなくし困ってしまうのです。

こういったこともありえると理解した上でエデュケーターシステムを取得しなきゃいけませんね。

おわりに

エデュケーターについての説明はいかがでしたでしょうか?

エデュケーターになったから高収入になるとも限りません。
すぐに有名になれるとも限りません。

しっかりとその資格をどう生かせるのかが大切になってきますね♪

関連記事