ネイルサロン衛生管理士とはネイリストにとってどんな資格?

ここ数年でネイリストの中で衛生管理士とよく聞くようになりましたが、そもそも衛生管理士ってどんな資格なのか必要なのか色々と気になるネイリストさんやジュニアネイリストも多くいらっしゃるかと思います。

そこで今回はネイルサロン衛生管理士についてお伝えしていきたいと思います♪

ネイルサロン衛生管理士とはどんな資格?

ネイルサロン衛生管理士とはネイリストにとってどんな資格?

ネイリストの衛生管理は、NPO法人日本ネイリスト協会(JNA)ではJNAが規定した、「ネイルサロンにおける衛生管理自主基準」を普及し、ネイルサロンで正しく活用して頂くために「ネイルサロン衛生管理士」資格制度を設けたのです。

制度の目的

「ネイルサロンにおける衛生管理自主基準」を普及し、サロン従事者への啓発活動を通じて、国民の健康を守る安全で安心なネイルサービスの普及と公衆衛生の向上に資することを目的として、ネイルサロンの衛生管理に関する知識を習得した方に「ネイルサロン衛生管理士」資格を付与する制度です。

2017年9月末日で「ネイルサロン衛生管理士」資格取得者数は、64,587名となったそうなんです!

資格の付与と期限

JNA認定校で実施される講習会を受講し、確記テスト(筆記)に合格した方に本資格を付与します。資格取得者には、認定証と資格バッジが授与されます。

本資格の有効期限は取得年を含む3年目の12月末日までとし、一度の資格継続手続きを完了されると、「永続認定」(無期限に保証される資格)となります。

受講資格

受講資格は年齢が18歳以上の方で
ネイルサロンでの実務経験は問いません。

では衛生管理士の受講の仕方をご説明しましょう。

受講場所…JNA認定校

講習内容…第1部 理論講習 約180分間
第2部 確認テスト 20分間
第3部 試験問題解説・まとめ・成績発表
認定証・バッジ授与 (不合格の場合は補習受講)
※受講者には講習当日にテキストが配布されます。

筆記試験の合格基準
確認テストは択一方式で20問出題し、
合格基準は100点満点で80点以上とします。
※採点は当日、会場内にて行ない合否発表を行います。

受講料
受講料 一般価格:10,000円 / JNA会員価格:6,000円
(テキスト代、認定証・バッジ交付手数料を含みます)
※平成26年4月1日よりの消費税率引き上げ後も受講料の変更を行わず据え置きといたします。
JNA会員価格が適用されるのは下記の対象者です

  1. JNA個人会員(正・一般)
  2. JNA法人会員(正・賛助)の社員
  3. JNA認定ネイルサロンのスタッフ
  4. 講習開催校の在校生
  5. 講習開催校の卒業生

ネイルサロンが定番美容となったからこそ、出来た資格?

JNA制定 「ネイリストにおける衛生管理における自主基準」はJNAが制定したネイルサロンの衛生管理に関するガイドラインです。

ネイル産業健全化の取り組みの一環として策定に着手し、各界の有識者で構成される第三者機関「ネイル産業審議会」の認証を得て2009年12月に制定されました。

この業界統一基準を正しく普及することにより、サロン個々の努力で行っていた衛生管理から、より安全・安心なネイルサービスを提供するサロン環境の構築が実現することを目指しています。

などと、JNAによりしっかりと衛生管理について意向があるみたいですね♪

この衛生管理士が出来るまでは、衛生面でのサロントラブルが多く続いたりと問題になってきていたことからネイルサロンという女性の定番美容となったからこそ、出来た資格なんだと思います!

おわりに

サロン求人によっては、この衛生管理士をもっていると高待遇されたりと、求められるネイリストの中ででも入っていたりします。

ネイリストとして働く中でよりプロとしてお客様に提供する上では必要な資格なのかもしれませんね。

関連記事