ジェルネイルがすぐ剥がれてしまう5つの原因と長持ちさせる方法

マニキュアに比べ長持ちするとされるジェルネイル。

長持ちするとはいえ、だいたいどれぐらい持つのか。

長持ちさせるためのコツやすぐ剥がれてしまう原因などジェルネイルユーザー女子の皆さんが長くネイルを楽しめる為にも、ジェルネイルを長持ちさせる方法もご紹介します♪♪

ジェルネイルの持ち時間は手と足で違う?

皆さまのライフスタイルや爪の伸びるスピードなどにも異なりますが、ハンドジェルネイルはだいたい平均3〜4週間とされています。

フットジェルネイルですとハンドに比べ爪の伸びるスピードも遅い事もあり、平均1カ月〜2ヶ月ぐらいとなります。

ジェルネイルがすぐ剥がれてしまう5つの原因と長持ちさせる方法

更に持ちが良い方でも長い期間付けていることは出来ますが、根元部分が浮き始めると、自爪とジェルネイルの間に水が入り込み菌が繁殖、変色してしまいグリーンネイルとなることあります。

グリーンネイルになってしまいますと、しばらくネイルをお休みしなければならない状態になってしまうので、そうならない為にも、3〜4週間での付け替え、又はオフのみをする事をオススメします!

ジェルネイルがすぐ剥がれてしまう5つの原因!

ジェルネイルが3〜4週間持たずに、すぐ浮いてきて剥がれてしまう方もいるかと思います。

考えられる原因として

  1. 長時間、湯船に浸かる
  2. 水仕事が多い
  3. 爪先をよく使う
  4. 自爪が薄い
  5. 正しいジェルネイルの付け方をしていない

などが主に考えられる原因の一つとされています。

それでは5つの原因を1つずつ見ていきましょう。

原因①長時間、湯船に浸かる

長時間湯船に浸かっていると、自爪も皮膚と同じでふやけてしまいます。

そうすると、皮膚より硬いジェルネイルはふやけることはないのでふやけた爪とジェルネイルの間に隙間が出来て浮きの原因ともなります。

原因②水仕事が多い

水仕事が多い方も長時間の湯船に浸かるのと同じ原理です。

なるべくゴム手袋をはめて水仕事をするようにしましょう!

原因③爪先をよく使う

爪先を使いパソコンや、シールを剥がしたりとしてしまう方もいるかと思います!

そうしてしまうと爪先のコーティングが剥がれてしまうのでなるべく爪先を使うことは避けましょう!

原因④自爪が薄い

自爪が薄いのも剥がれの原因とされています。

例えば薄い紙の上に重い石を乗せると紙は破けてしまいますよね。

それと同じように薄い自爪にジェルネイルを乗せると強度が出るにも限りがあり、日々の生活の中で衝撃などがあると剥がれの原因となります。

原因⑤正しいジェルネイルの付け方をしていない

ジェルネイルを装着の際も気をつけなければならないのが、ジェルネイルが爪からはみ出て皮膚に付着していませんか?

又は甘皮が爪周りに残った状態で甘皮にジェルネイルが付着していませんか?

爪を削る時に出る粉が表面に残ったままジェルネイルを塗布しても浮く原因となります。

またジェルネイルが皮膚に付着したまま硬化を続けると、アレルギーになる場合もあるので気をつけましょう。

それらの事を気をつけながら正しくジェルネイルを塗りましょう。

ジェルネイルの手順動画♪

まとめ

以上の事を気をつけるだけでジェルネイルの持ち期間は変わります♪

他にもジェルメーカーによって成分性質は異なりますので、ネイルサロンに行かれてる方はしっかりと担当のネイリストさんに自爪の薄さや普段の持ち具合、爪先を使うのか水仕事が多いなどと相談をし、自分にあったベースのジェルを使用すると持ちも変わりますのでカウセリングはしっかりしてもらいましょう!

ご自身でも、ネイル用オイルで爪周りをしっかりと保湿をし、できるだけ長い期間可愛いネイルを楽しめるよう気を使いましょう♪

関連記事