ジェルネイルとは?ソフトとの違いは?持ち期間や注意点まとめ

今やおしゃれと美の中で主流化となってきているネイル。

その中でもネイルサロンの中でも売れ筋となり、女子の誰もがしている、聞いたことはあってもどんなものなのかよくわからないという方も多いであろうジェルネイル。

そんなネイル初心者さん、ネイルはしているけどよく分からないという方にジェルネイルについてお話したいと思います♪

ジェルネイルとは?

ジェルネイルとは?ソフトとの違いは?持ち期間や注意点まとめ

ジェルネイルの誕生は2000年頃、今から17程前になります。

ジェルとは流動性のある合成樹脂(粘液状)から出来ています。爪へ塗布し、紫外線(UVライト)、可視光線(LEDライト)を当てて硬化します。

種類には、ハードジェルとソフトジェルとありますが、誕生初期はハードジェルからの始まりになりますが、

簡単に性質を説明しますと、ハードというだけにとても硬く美しい艶を生み出し、長さを出したり、アーチロケーション(高さ、丸み)を出す事が出来ます。

但し、溶剤で溶けるないのでオフは全てファイルで削らなくてはならないので、自爪への負担がかかってきてしまうのです。

ソフトジェルとは?

その後に誕生したのが今や主流、ソフトジェル。

こちらの性質は、ハードジェルに比べると柔軟性があり爪の動き沿って定着してくれます。

マニキュア感覚に近いもので様々なデザインを楽しめて、オフでは溶剤で溶けてくれるのでスムーズに自爪への負担も少ないのが特徴的になります。

今ではほとんどのネイルサロンでは、後者のソフトジェルを取り扱い、たくさんのデザインを提供しています。

ハードジェルとソフトジェルの違い解説動画♪

ジェルネイルを取り付けてからの持ち期間は?

ライフスタイルや元々お持ちの爪の状態によって人そろぞれ異なりますが、だいたい3〜4週間程持ちます。ジェルネイルは水分にとても弱く、温泉やプール、長風呂や湿度が高い場所または旅行先、雨季などによっても持ちが悪くなってしまいます。

持ちが悪いというのも人によって異なりますが、伸びてきた根元の方が浮いてきてしまったり、先端から剥がれてきてしまったりとあります。

ジェルネイルの注意点!

ここで皆さまに注意点がございます!

浮いてしまった状態を長く放置してしまうと、爪とジェルネイルの隙間に水か入り込み閉じ込められた状態となるので、常在菌の一種、緑膿菌が繁殖し、爪が変色してしまう事があります。

その様な爪カビにならないためにも、定期的な付け替えをしっかりとしましょう♪

ソフトジェルネイルでも・・・

ソフトジェルネイルでも柔軟性はありますが、繰り返し付け替えていれば、爪の負担がないというわけではありません。

ヘアカラーでも繰り返し続けていれば髪質によっては毛先が傷んでしまうのでトリートメントしますよね。

爪も同じ様に、時々ネイルお休みしたり、しっかりネイルオイルで保湿ケアをしていたわりながら、おしゃれを楽しんで頂きたいです♪

ジェルネイルキット購入レビュー動画♪

おわりに

ジェルネイルやソフトジェルネイルについて少しお分り頂けたでしょうか。

全日本女子の手元がおしゃれで可愛くキラキラを楽しめますように♪

関連記事